施工事例

自社施工の現場の一例をご紹介します。

リフォーム

H30  荒川区O様邸  屋根葺替工事

各写真をクリックすると拡大で表示ができます。

工事前のスレート瓦の状況です。2階は雨漏りしている状況です。よく考えられるのが割れ、毛細現象(溜まった埃が水を吸う減少)と判断致します。

工事前の写真2 この状況では直しが必要となってきます。特に谷部分は集水部となるため鉄部の腐食は雨漏りの可能性が高くなります。

瓦を剥がしましたら野地板はこの状態です。毛細現象によるもので長年の雨漏りで腐食していったものと思われます。工事では事前にスレート瓦のアスベスト含有を調査して適性に廃材処分できるように準備致しますが本件ではアスベストは検出されませんでした。

野地板は撤去した上で合板を張り補強致します。

合板の上にアスファルトルーフィングを張ります。これが雨を守ってくれる重要部分となるので重ね部は紙の線まで重ねて水下側から施工していきます。

アスファルトルーフィングの上に仕上げのコロニアル材を張っていきます。ルーフィングの耐久は約15~20年となりますが劣化を防ぐために仕上げ材を張っていくわけです。

棟部分は木の使用が従来ですが樹脂製の材料を使い劣化をしにくくさせます。

工事完了後の写真となります。

荒川区の屋根の葺き替え工事となります。木造住宅で築約50年程度となります。

屋根についてのお問い合わせも多くありますが瓦の屋根から軽量の屋根材にするメリットとした場合は軽量とすることで耐震的な面で若干あります。またメンテナンスも行いやすいメリットもあるわけです。

その他、屋根の塗装時期についてとなりますが一般的に葺き替えをした場合、ルーフィングは約20年、仕上げ材は約10年となりますので10年後に仕上げ材のメンテナンス、20年後に葺き替えが正しいと思います。雨水を守るのはルーフィングですので仕上げ材ではありません。よく仕上げ材を塗装するケースがありますがルーフィングが20年以上経過していた場合は葺き替えにするのが望ましいです。また10年後のメンテナンスにおいてもコロニアルの場合、上から塗るだけではなく通気させるためのタスペーサーを設置の上、塗装されているのかについて注意が必要です。塗装で固まれば雨水が浸入した場合、水が溜まってしまいます。

最近では長期耐久製品もありますので、どのようにメリットやデメリットがあるかなどについても考えていく必要があります。
敷地面積
延床面積

施工事例TOP

「お客様に安心を届ける。」はなぶさの家造り