施工事例

自社施工の現場の一例をご紹介します。

その他改修

H30 荒川区 強風による屋根被害事例

各写真をクリックすると拡大で表示ができます。

木造の屋根の棟剥がれが1番多かったです。こちらは棟下地の剥がれも見受けられます。

こちらも棟の剥がれとなります。棟下地は老朽化傾向にあります。

こちらも棟剥がれとなります。棟下地はある程度あるように見えますが端部ごと割れています。

こちらも棟となります。実際には棟が無くなっても正しく屋根工事が行なわれていれば下にルーフィングシートが守っていますので雨漏りするケースはまれです。

ベランダのフェンスが崩落致しました。

トタン屋根が飛んでしまいました。老朽化したトタン屋根は角からめくられることが多いため少し反り上がっていれば要注意です。

木造屋根の下地は木材が多かったですが現在は樹脂板がありますので是非、お薦め致します。木材とは違い耐久性・耐食性に優れます。

樹脂板に棟を被せます。また釘留めではなくパッキン付きSUSビスで留めることが必要となります。

今年の台風の一部で都内は強い雨と風となりました。

あまりにも強風だったため嫌な予感はしておりましたが、次の日になりますと沢山のお問い合わせが集中しました。

緊急性が高い状況のものから順次対応となりまして、まだお待ち頂いているお客様にはご迷惑をお掛け致しております。

どのような状況が多かったのかを選抜してご紹介させて頂きます。(10・11月分となります。)
敷地面積
延床面積

施工事例TOP

「お客様に安心を届ける。」はなぶさの家造り