施工事例

自社施工の現場の一例をご紹介します。

その他改修

令和3年11月 荒川区 共同住宅総合改修

各写真をクリックすると拡大で表示ができます。

工事前の屋上部分で旧防水層の表面が傷んでいる状態です。現状、雨漏りはしていません。

1階に受水槽があり塔屋に高架水槽があります。この高架水槽は撤去して増圧ポンプを新設して各世帯に給水を供給するようにします。

外壁工事についてはまずは足場組立作業から行います。黄色の管は電線の防護管となります。

増圧ポンプです。高架水槽を撤去したことによりポンプで水を供給致します。どのポンプも2つの機器があり1つが壊れた時に2つ目が動きます。そのため修理時期は1つ目のポンプが異常になったときとなります。

外壁は塗装の前にシールを打ち替えます。シールは紫外線に弱いためシールを先行して塗膜で保護します。*塗膜を被せないシール材もございます(仕上げによる)

屋内の床は剥がし、その後に不陸調整をしながら下地を形成していきます。

屋上防水では周囲の笠木を撤去して立ち上がりの天端も防水処置をした上で笠木を新設いたします。コストは大きいですが旧型の笠木は板金で釘止めしていることが多く改修にあわせて適切に笠木を交換した方が良いと思われます。

タイル面はタイルを専用薬品で清掃及び補修の上、タイル保護材を塗布いたします。浸透性と防水性のある商品を選定するのが良いですが特に古いタイル面には撥水性タイプより防水性と浸透性のあるコートを選択した方が良いとなります。但しコストは格段に違いますので状況により判断したほうが良いです。。

屋上防水完了写真(写真:塔屋高架水槽撤去完了・笠木完了)

屋内共用廊下塗装・床シート・照明交換完了写真

全体:完了写真

荒川区にある鉄骨造共同住宅の外装、屋内廊下の改修工事を行いました。

屋上・バルコニーの防水、外壁塗装、高架水槽撤去(ポンプ新設)、照明器具交換等となります。

*内容が多いため部分掲載となります。

 

敷地面積
延床面積

施工事例TOP

「お客様に安心を届ける。」はなぶさの家造り